アラベス、レアル・マドリーの有望株を獲得 M・ジョレンテをレンタル

昇格1年目で1部残留を目指す

2016-17シーズンからリーガエスパニョーラ1部に昇格するアラベスは、今夏積極的な補強を行っている。

アラベスは11日、レアル・マドリーからMFマルコス・ジョレンテ(21)を1年レンタルで獲得。買い取りオプションは付けられていない。

アラベスはこの数日でレバンテからMFビクトール・カマラサ(22)、ビジャレアルからDFアレクサンダル・パンティッチ(24)、アトレティコ・マドリーからDFテオ・エルナンデス(18)らを獲得している。10年ぶりの1部の舞台に向け、昇格組が戦力を整えつつあるようだ。