セルタがハンブルガーSVからディアスを獲得 契約は1年半

セルタは14日、ハンブルガーSVからチリ代表MFマルセロ・ディアス(29)を完全移籍で獲得したとクラブの公式HPが伝えている。ディアスの契約期間は2017年6月30日までの1年半となっている。

アルゼンチン代表MFアウグスト・フェルナンデスをアトレティコ・マドリーに放出したセルタは、その代役を探していた。そして11年からチリ代表として活躍して、昨年のコパ・アメリカの優勝メンバーでもあるディアスの獲得に動いていた。

2012年にスイスのバーゼルでヨーロッパでのキャリアを歩み始めたディアスは、2度のリーグ優勝を経験した。その後、2015年2月にハンブルガーSVへ移籍したが、低迷するチームで力を発揮できず。今季はリーグ戦11試合に出場したが、先発は4試合にとどまった。

現在、リーガで5位と好成績のセルタで、そのパフォーマンスを取り戻すことができるか。