ニュース ライブスコア

ベニテス代理人は続投を強調、「マドリー会長は何も問題ないと言った」

解任報道が過熱するレアル・マドリーのラファ・ベニテス監督だが、同指揮官の代理人のガルシア・キロン氏はその可能性を否定している。

スペイン『クアトロ』とのインタビューに応じたキロン氏は、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長から、変わらぬ信頼を伝えられたことを強調した。

「フロレンティーノは、我々に対して何も問題はないと言ったよ。そしてベニテスは素晴らしいプロフェッショナルであり、心からのマドリディスタだ」

キロン氏は一方で、ベニテス監督の後任候補が挙げられている状況については「サッカーの世界はそういうものだと、誰もが理解している。しかしベニテスには、マドリーで続けるキャパシティーがある」と語っている。