バルサ、クラシコで負傷のマスチェラーノは打撲のみ 軽傷もローマ戦出場は…?

21日に行われたリーガエスパニョーラ第12節レアル・マドリー戦で負傷したバルセロナMFハビエル・マスチェラーノは、打撲のみの軽傷であることが明らかになった。クラブが発表している。

バルセロナが敵地で4-0の大勝を収めたクラシコで、マスチェラーノは前半のうちに負傷。27分に交代を余儀なくされ、状態が不安視されていた。

22日に行われた検査では筋肉の損傷は確認されず、右足太ももの打撲のみだったとのことだ。復帰時期の見通しは明確にはされておらず、今後の経過が見守られることになる。

バルセロナは24日にチャンピオンズリーグ・グループE第5節のホームでのローマ戦に臨む。決勝トーナメント進出決定の懸かるこの試合にマスチェラーノが出場できるのかどうかも定かではない。