スペイン代表デビューを喜ぶムニル

「自分で決めたこと」
バルセロナに所属するFWムニル・エル・ハダディは、8日に行われたEURO2016予選のマケドニア戦に途中出場した。同選手が代表デビューの喜びを爆発させている。

19歳のムニルは、これが初めてのA代表。モロッコ代表を選択する道もあったが、A代表デビューにより、今後はスペイン代表で戦うことが決まっている。

ムニルはスペイン代表が夢だったそうで、この決断に迷いはなかったそうだ。『テレデポルテ』がムニルのコメントを伝えている。

「僕はスペイン代表になることを決して疑わなかった。僕はここで生まれたんだ。デビューすることができて、とてもうれしいよ」

「スペイン代表になることは、僕自身で決めたことだ。これがどういう意味かは分かっている。これは子供の頃からの夢がかなったということなんだ」