ソング、プレミア復帰を希望か

セリエからの関心も
バルセロナMFアレクサンドル・ソングは、プレミアリーグ復帰を望んでいるのかもしれない。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

ソングは、2012年にアーセナルから移籍金1900万ユーロでバルセロナに加入した。しかし、バルセロナでは出場機会に恵まれず、今季はルイス・エンリケ監督の下で構想外と見られている。バルセロナ側は、同選手の代理人に移籍先を模索するように伝え、移籍を容認しているといわれている。

インテルやミランからの興味も噂されるソングだが、現時点で具体的なオファーは届いていない模様だ。一方で、選手本人がプレミアリーグ復帰を希望していることで、中盤の補強を目指すマンチェスター・ユナイテッド、さらにはアストン・ヴィラやエヴァートンからの関心が取りざたされている。

バルセロナは、ソングと2017年まで契約を残している。同クラブは、カメルーン代表MFをレンタルあるいは完全移籍で放出する意向のようだ。