アトレティコ、イタリア期待のGKスクフェットを獲得か

当面はグラナダへレンタル移籍?
イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、アトレティコ・マドリーがウディネーゼとGKシモーネ・スクフェットの獲得で大筋合意に達しているという。

昨季、ウディネーゼでわずか17歳ながらトップチームデビューを果たし、レギュラーの座をつかんだスクフェット。5月に18歳になった同選手は、「次代のジャンルイジ・ブッフォン」と期待されるイタリアの新星だ。

イタリアメディアの報道によると、アトレティコはスクフェットを獲得した上で、グラナダにレンタル移籍させる考えという。グラナダは、ウディネーゼのオーナーであるポッツォ・ファミリーが所有するクラブだ。

『ガゼッタ』は13日、ウディネーゼとアトレティコが500万ユーロの移籍金で合意したという。合意には、将来的にアトレティコがスクフェットを放出した際に、移籍金の50%がウディネーゼに入る条件が含まれているそうだ。

一方で、『ガゼッタ』によると、スクフェット自身が移籍を了承するかはまだ不透明な様子。同選手は先月、ウディネーゼと2019年まで延長したところだ。年俸は30万ユーロ強。代理人はアトレティコとコンタクトを取り、移籍の場合のサラリーを交渉するだろうと伝えられている。

この夏、昨季の得点王に輝いたFWチーロ・インモービレがボルシア・ドルトムントに移籍したセリエA。さらにスクフェットもスペイン移籍となれば、将来有望な若手がさらに国外流出となるが…?