シメオネがスペインの“今年の言葉”候補に

「チョリスモ」が選出される
スペインの流行語大賞とも呼べるエスパニョール・ウルヘンテ主催の“今年の言葉”候補に、アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督の哲学・思想を表す「チョリスモ(シメオネ主義)」が選出された。

エスパニョール・ウルヘンテはスペインの通信社『EFE』と銀行BBVAによって2005年に設立された、情報通信におけるスペイン語を研究する財団。スペインの王立言語アカデミー(RAE)が後援する同財団は、英語圏で大流行する「セルフィー(自分撮り)」のスペイン語「アウトフォト」らとともに、「チョリスモ」を“今年の言葉”候補12語に選出している。

なおスペイン『マルカ』は、「RAEまでもが『チョリスモ』」との見出しでこの発表を取り上げ、シメオネ監督の「試合から試合へ」「選手とともに死ぬ覚悟を固めている」「努力は絶対に裏切らない」「いつだって信じることが必要だ」といった発言を紹介している。