バレンシア、スポーツ部門GDにルフェテ氏が就任

ジュキッチの去就は…
バレンシアは25日、フランシスコ・ルフェテ氏(37)がスポーツ部門のゼネラルディレクター職に就任することを発表した。

11月初旬に、トップチームのテクニカルディレクター職に就いていたブラウリオ・バスケス氏を解任したバレンシア。アマデオ・サルボ会長がスポーツ部門を取り仕切る人物として新たに選出したのは、今夏からカンテラの責任者を務めていた同クラブのレジェンドだった。

同日には就任会見も行われたが、質問が集中したのは、やはりミロスラヴ・ジュキッチ監督の去就だ。サルボ会長は次のように話している。

「ジュキッチについて、自分の考えは同じもので在り続けている。彼の続投や解任を決めるのは私ではない。クラブは、それぞれの部門が独自の責任を背負っている。私から『どんなことがあろうとジュキッチはシーズン終了まで続ける』と話したのは、その当時のディレクター(ブラウリオ氏)が言うべきことを言わなかったからだ。しかしながら現在は、そうしてくれるディレクターがいる」

一方でルフェテ氏は、クラブにとって最良の決断を下していく考えを示した。

「後任候補のリストは存在しない。まだ現状を分析していないからね。バレンシアの組織に適応する指揮官が、一体誰なのかを見なくてはならない。そのような決断は、スポーツ面の結果を反映して下していく」

なおルフェテ氏は、バレンシア・メスタージャ(Bチーム)に所属するFW指宿洋史を、今夏にセビージャから獲得した人物だ。