バレンシア、規律違反のラミに1週間の停職・減給処分

監督・チームメートを批判
バレンシアは4日、規律違反を犯したDFアディル・ラミに対して、1週間の職務停止処分および同期間分の給与減額処分を下すことを公式声明で明らかにした。

ラミは先日、監督やチームに対して批判的な発言をしたとしてリーガエスパニョーラ第6節グラナダ戦の招集メンバーから外れ、その後正式な処分が下されるまでの間は練習場の出入りを禁止されることになっていた。

同選手は弁護士を伴って4日にクラブとの会談を行い、処分についての合意に達したとのことだ。クラブの声明では、ラミは「監督およびチームメートたちに対する発言への後悔の意を示した」とした上で、「処分にかかわらず、バレンシアとアディル・ラミは双方にとって満足できる解決法を見出すため協力していくことに合意した」と述べられている。