D・アウベス、セルティックGKの獲得を支持

フォースターを高評価
バルセロナDFダニエウ・アウベスは、チャンピオンズリーグ(CL)で対戦したセルティックのイングランド代表GKフレイザー・フォースターを称賛し、バルサに加入したとすれば良い補強になると話している。

昨季、今季とCLでバルサと同じグループに入ったセルティック。フォースターは昨年の対戦に続いて、1日に行われた今季の一度目の対戦でも、チームが0-1で敗れた試合の中で好守を見せた。

イギリス『デイリー・レコード』が、フォースターを高く評価するD・アウベスのコメントを伝えている。

「この1年間でセルティックと3回対戦したけど、フォースターはそのたびに素晴らしかった。世界最高のアタッカーたちに対処しなければならなかったのに、すごく良くやっていた。セルティックが負けた試合でもね」

守護神ビクトール・バルデスが契約満了を迎える今期末限りで退団する意志を明確にしており、新たなGKを探しているバルセロナ。フォースターがその候補となることもあるのだろうか。

「バルセロナはいつもクオリティーを加えようとしているクラブだ。フォースターに本物のクオリティーがあることははっきりしている。もちろん、今の時期に移籍はできないけど、もし実現したとすれば良い補強になると思う」

「最高のレベルで良い戦いをすることで、セルティックはチームの最高の選手たちを売り出すことができている。この夏にも一人か二人が移籍して行った。フォースターの欧州での活躍を見れば、興味を持たれるのは自然なことでしかない」