代表初招集を喜ぶナチョ 「信じられなかった」

追加招集で初の代表入り
スペイン代表は、今週と来週に行われる2試合に向けて、レアル・マドリーDFナチョとマンチェスター・シティMFハビ・ガルシアを追加招集した。A代表初招集となったナチョは喜びの思いをコメントしている。

2人の招集は、負傷で辞退を強いられたバルセロナMFセルジ・ブスケッツ、レアル・ソシエダDFイニゴ・マルティネスの代役としてのものだ。スペイン『アス』は、招集を驚くナチョの言葉を伝えた。

「家族と一緒に家にいた時だったけど、僕の電話にメッセージや着信が殺到してきた。何が起こったのかと思ったよ。まったく予想していなかったことだし、僕自身が誰よりも驚いている」

「本当に信じられない気持ちだ。正直に言えば、その話を聞いた後でも信じられなかった。今朝になって新聞でそのニュースを見て、僕の写真があるのを見て、ようやく信じることができた。空から降ってきた贈り物のようだ」

ビセンテ・デル・ボスケ監督からの招集を受けた後、チームメートで同じくスペイン代表のGKイケル・カシージャスを話をしたとのことだ。

「彼からはこのチャンスを生かすように言われたし、すべての選手が望んでいる大きな経験だと言われた。楽しみたいと思っている」

「監督とはまだ話していないけど、信頼に応えたいと思っている。(代表招集は)今シーズンの目標にしていたことではなかったけど、監督は僕のことを信頼してくれた。このチャンスを最大限に生かしたい」

スペイン代表はワールドカップ欧州予選で6日にフィンランドと対戦。10日にはスイスでチリとの国際親善試合を予定している。