サバデル加入の田辺 「チームに貢献したい」

スペイン挑戦に意気込む
FC東京からスペイン2部サバデルにレンタルで加入したMF田辺草民が、スペイン『マルカ』のインタビューに応じた。「チームにできる限り貢献したい」と語る同選手は、新たな挑戦に気合十分の様子だ。

このレンタル移籍がどう役立つかと問われた田辺は、「これまで日本でしかプレーしたことがなかった。ここに来たのは、選手としても人間としても成長するチャンスだったから。それに、スペインサッカーは何か特別なものだから、ここに来る機会を逃すことはできなかった。成功を収めるのは難しいと聞くけど、プレーに集中して、この経験を楽しみたい」と述べている。

自身のポジションについては、「攻撃的な中盤だけど、トップ下やサイドもできる」と説明。左右のどちらがやりやすいかとの問いには、「右利きだけど、左サイド。シュートを打つのは右足で、ドリブルや相手をかわすのは左足」と特徴を語った。

日本とスペインのサッカーの違いを聞かれると、「スペインサッカーは日本よりかなり速い。最初にスペインに来たときは驚いた。これほど違うとは思っていなかった。でも、練習のレベルに大きな差はないと感じる」と印象を話している。

サッカー以外の面でも刺激的なことは多そうだ。文化や言語、環境の変化も問題ないようで、「快適に過ごしている。みんな親切で、それがこの国に適応するのを助けてくれると思う。言語は心配していない。話せるに越したことはないし、スペイン語のレッスンも受けるつもりだけど、ピッチ上で使う言語はサッカーだから」と、新天地を気に入った様子だ。

特に気に入ったのは、「気候」だという。「日本は湿気がすごい。気温はこっちも同じくらいだけど、我慢できる気候だ。あとは、もちろん人も気に入っている」。

インタビュアーに、「あなたのおかげで東京にも300人のサバデルのソシオ(クラブ会員)が生まれましたが、サバデルのことは日本でどう扱われていますか」と問われると、次のように答えた。

「多くの人にサバデルのことを聞かれた。今シーズン、僕がサバデルで良い結果を残したら、サバデルはもっと日本で有名になると思う。クラブを助けて、あっちにもっとソシオをつくれたらと思う」

サバデルは2012ー13シーズンのリーガエスパニョーラ2部で、22チーム中16位だった。「監督の目標である1部昇格のためにチームに役立ちたい」と田辺。スペインでの成功に期待したい。