アトレティコ、ビジャ獲得でバルサと基本合意

ファルカオ後釜を確保
バルセロナは8日、スペイン代表FWダビド・ビジャ(31)のアトレティコ・マドリー移籍が、クラブ間で基本合意に達したことを発表した。

アトレティコがバルセロナに支払う金額は、最大で510万ユーロとなる。バルセロナは公式HPで、その内容を「2013-14シーズンに210万ユーロ、14-15シーズンも選手を留める場合に200万ユーロ、15-16シーズンまで契約が延長される場合に、さらに100万ユーロが加算される」と説明。いずれにしろバルセロナは、アトレティコが将来的にビジャを売却する際に、その移籍金の50%を手にできる。

ビジャは2010年夏に、移籍金4000万ユーロでバレンシアからバルセロナに加入した。当初は絶対的な主力として君臨していたものの、2011年12月のクラブ・ワールドカップで左足脛骨骨折という重傷を負ったことをきっかけに、徐々に出場機会が減少。今夏にサントスからFWネイマールが加わったことが、退団の決定打となっている。バルセロナでは公式戦119試合に出場し、48得点という記録を残した。

一方でアトレティコは、モナコに売却したFWラダメル・ファルカオの後釜を、ようやく確保した格好だ。なおリーガエスパニョーラ王者のバルセロナとコパ・デル・レイ王者のアトレティコは、8月21、28日にスペイン・スーパーカップで対戦する。