チアゴ:「W杯出場のために出場機会を積みたい」

移籍も検討か
バルセロナ所属のU-21スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラは、2014年ブラジルワールドカップ(W杯)を見据えて、出場機会を重ねたいと語っている。

チアゴは、19日まで行われていたU-21EUROにスペイン代表として出場。主将を務め、イタリア代表との決勝ではハットトリックの活躍を見せ優勝に大きく貢献した。

一方、バルセロナでは出場機会に恵まれず、この夏の退団もささやかれている。スペイン『RAC1』のインタビューに答えたチアゴは、次のように話している。

「僕はこれまで忍耐を持って続けてきたが、世代別代表でのプレーは終わり、これからはフル代表でのプレーを目指すことになる」

「僕の最大の目標はW杯に出場することだ。そのためには、自分のチームで試合に出なければいけない。そして一日一日、自分がフル代表に選ばれる選手だと証明しなければならない」

キャプテンマークを巻き、決勝でハットトリックを記録して優勝を飾った大会には、特別な思い出を残したようだ。

「素晴らしい経験だった。ああいったチームメートたちと、毎日一緒に過ごせることはね。そして、決勝もだ。自分が3ゴールを奪うなんて、夢にも思わなかったよ」