セルタ次期指揮官はL・エンリケに

レシノ退任の直後に発表
セルタは8日、スペイン人指揮官のルイス・エンリケ氏(43)を招へいしたことを発表した。

同日にアベル・レシノ前監督との契約解消を伝えたセルタだが、後任は報道通り、元スペイン代表MFとなった。セルタは『ツイッター』でL・エンリケ監督と2年契約を結ぶことを明らかにし、「彼の到着によって、魅力的かつ攻撃的なプレーが保証されるでしょう」と付け加えている。

またL・エンリケ監督も、それに呼応する形で『ツイッター』で喜びを表している。「ビーゴでの挑戦に期待を抱いている。すべてのセルティーニャス(セルタファンの愛称)に挨拶をするよ。あなたたちの信頼に報いたい。アラ(万歳)・セルタ!」とツイートした。

L・エンリケ監督は2009-10シーズンにバルセロナBをリーガエスパニョーラ2部昇格に導き、2010-11シーズンには2部を舞台に3位まで到達。2011-12シーズンにはローマ監督に就任したが、欧州カップ戦を獲得できず1年で指揮官の座を辞している。