パロップがレヴァークーゼンに移籍

延長オプション付きの1年契約
レヴァークーゼンは3日、セビージャに所属していたスペイン人GKアンドレス・パロップ(39)の獲得を発表した。

バレンシア出身GKは、2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得したドイツのクラブと、延長オプション付きの1年契約を結ぶ。パロップは同日に行われたセビージャの退団会見で、今回の移籍について次のようにコメントしている。

「セビージャでキャリアを終えたかったが、プレーを続ける力が残っていると感じた。だから、レヴァークーゼン移籍を決断したんだ。決して忘れることができないサイクルを終え、次の挑戦に臨む時が訪れたんだよ」

「レヴァークーゼンがチャンスを与えてくれたことを幸せに思う。ここでそうしたように、最大限のパフォーマンスを見せたいね」

パロップは8シーズン在籍したセビージャで、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)、コパ・デル・レイを2度ずつ、UEFAスーパーカップ、スペイン・スーパーカップを1度ずつ制覇。同クラブ史上最高のGKと称される。