ビラノバ、来季バルセロナ監督続投を明言

「辞めようと考えたことは一度もない」
バルセロナのティト・ビラノバ監督は、来シーズンも引き続きチームの指揮を執ることを明言している。

ペップ・グアルディオラの後任として監督に就任した今季は、病気療養のため長期にわたってチームを離れ、ベンチ入りできない期間が続いたビラノバだが、26日に行われた会見で続投への意欲を見せた。

「続けたいという意欲と力を感じている。健康が許すのであれば、この仕事を続けることを楽しみにしている。辞めようと考えたことは一度もない」

「2日だけ休みがあっても、その間に何をすればいいか分からない。この仕事は私にとって負担ではない。一番良いのは仕事をすることだと医者も言っている」

ビラノバはバルセロナと2014年までの契約を結んでおり、今週にはジョゼップ・マリア・バルトメウ副会長も来季の監督続投を明言していた。