アレクシス:「バルサで成功をつかみたい」

残留の意思を強調
20日のリーガエスパニョーラ第32節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのレバンテ戦に1-0で勝利した。MFセスク・ファブレガスの決勝ゴールをお膳立てしたFWアレクシス・サンチェスは試合後、来季もバルセロナでプレーする考えを再度示している。

アーセナル、インテル、ユヴェントスといったクラブからの関心が報じられるアレクシスだが、残留の意思は堅いようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』がチリ代表FWのコメントを伝えている。

「今日のようなプレーを続けられれば、バルセロナで成功をつかめるはずだ。来季もここに残り、リーガ、チャンピオンズリーグ優勝を成し遂げたい」

一方、決定力不足によって、カンプ・ノウの一部ファンからブーイングを受ける状況についても言及した。

「少しの運を欠いた数試合が存在した。だけどチームメートにチャンスは供給している。ゴールを今後決められるかは、自分次第だね」