カシージャス恋人:「マドリーの雰囲気は悪い」

モウリーニョと選手の不仲を明かす?
スペインのテレビ局『テレ・シンコ』のレポーターで、レアル・マドリーGKイケル・カシージャスの恋人でもあるサラ・カルボネロさんが、ジョゼ・モウリーニョ監督とマドリーの選手がコミュニケーションを交わしていないことを指摘している。

スペイン『マルカ』は先日、カシージャスやDFセルヒオ・ラモスなどがモウリーニョ監督との確執を理由に、クラブを去る意向を持っていると報じていた。フロレンティーノ・ペレス会長が即座にこの報道を否定したものの、マドリー内部に問題が存在していることは明らかだと見られている。

カルボネロさんは、『La Jugada』で「(マドリーの)ロッカールームの雰囲気はとても良いとは言えないでしょう。モウリーニョは、選手とそれほどコミュニケーションをとっていない。それが共通理解となっているようね」と話している。

「今、ロッカールームは分裂している状態。私たちは、今後どうなるか見てみなければならない。モウリーニョがシーズン終了後にクラブを離れるかどうかをね」

昨年夏、マドリーと契約更新を行ったモウリーニョ監督は、2016年まで同クラブと契約を結んでいる。だが、スペインメディアによれば、同監督は今季終了時にマドリーを退団することになると伝えられている。