サモラーノ氏:「ファルカオは最後の偉大なCF」

「メッシはC・ロナウドより完成されている」
元チリ代表FWイバン・サモラーノは、バルセロナFWリオネル・メッシはレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド以上に完成された選手だと考えている。

サモラーノはメッシとロナウドをどちらも「信じられないような選手」と形容しながらも、どうしても選ぶのであればメッシの方が上だとスペイン『マルカ』紙に対して語った。

「ロナウドかメッシか、マラドーナかペレか、クライフかファン・バステンか、マルセロ・サラスかサモラーノか…なぜ選ばなければならないのか」

「ロナウドとメッシはどちらも素晴らしい選手で、他の選手たちからは飛び抜けている。おそらくメッシの方がより完成されていると思うが、2人とも信じられないような選手たちだ」

またサモラーノは、いわゆる典型的な「センターフォワード」が少なくなりつつある中、そのポジションではアトレティコ・マドリーFWラダメル・ファルカオに並ぶ者はいないと語った。

「ファルカオについては何度も質問された。私のプレースタイルに似ていると考える者が多いようだ。ファルカオは南米の、そして世界の中でも最後の偉大なセンターフォワードだ。伝統的なセンターフォワードは絶滅種になりつつある」

「新たなフォーメーションによって、古典的なゴールスコアラーは廃れつつある。新時代のストライカーは典型的なセンターフォワードではない。メッシやロナウド、(ウェイン)ルーニーを見てみるといい。彼らはそれぞれ異なっている」

ファルカオは今季のアトレティコで公式戦8試合に出場し12ゴールを記録している。