コウチーニョの完全獲得を望むエスパニョール

プラネスSD:「インテルと話す」
エスパニョールは、今冬の移籍市場でインテルからレンタル獲得したMFコウチーニョの完全移籍を望んでいるようだ。

19歳MFは、今季終了までのレンタル契約でエスパニョールに加入した。1月に同クラブへの移籍を果たした後、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の信頼を勝ち取り、リーグ戦6試合に出場して2得点を挙げている。

エスパニョールのラモン・プラネスSD(スポーツディレクター)は、『Inside Futbol』にコウチーニョの慰留に努めることを明かしている。

「コウチーニョは、我々のところに残ることになるかもしれない」

「我々は、インテルと話す必要がある。そして、彼が残れるようにトライする。不可能な話ではないはずだ」

エスパニョールは、リーガエスパニョーラ第27節終了時点、勝ち点36で9位につけている。