メキシコ行きを否定するグアルディオラ

チーバスはプランになし
バルセロナを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、メキシコ行きの可能性を完全に否定した。

同指揮官は、バルセロナとの契約延長に応じておらず、今後の去就が注目されている。一方、メキシコの名門であるチーバス・グアダラハラは先日、ヨハン・クライフ氏をテクニカルアドバイザーとしてクラブに迎えた。チーバスのホルヘ・ベルガラ会長は、グアルディオラ監督がバルセロナを去るなら、招へいを検討すると話していたところだ。

しかし、グアルディオラ監督はチーバスへ行くことはないと断言。2日の会見で、「前にメキシコでプレーしたことがあるが、短期的に戻るつもりはない」と述べた。

ただし、メキシコのサッカーに敬意を持っているようで、グアルディオラ監督は「良い選手がそろった、素晴らしいリーグだ。ヨハンは、彼らのサッカーをより良いものにするだろう」と話している。

バルセロナは3日に、スポルティング・ヒホンと対戦予定だ。