グアルディオラにメキシコ行きの可能性か

クライフ氏がTA就任内定のチーバスが関心
バルセロナで来季も続投するかどうか注目が集まっているペップ・グアルディオラ監督に、メキシコ行きの可能性が浮上している。

チーバス・グアダラハラは先日、バルセロナのレジェンドであるヨハン・クライフ氏をテクニカルアドバイザー(TA)として迎えることを決定的なものとしていた。

チーバスのホルヘ・ベルガラ会長は、スペイン『アス』にグアルディオラ監督がバルサを退団した場合、クライフ氏が望むのであれば同監督をチーバスの指揮官として招へいする考えがあることを示している。

「もしクライフが要求するなら、我々はグアルディオラを呼ぶことも検討するよ。もちろん、それは非常に難しいことだけどね」

「グアルディオラは、現在のバルサを世界のトップチームに仕立て上げることに、大きく貢献した人物だ」

グアルディオラ監督は、現役時代の最後のキャリアをメキシコで過ごして経験を持っている。2005-2006シーズン、ドラドス・シナロアでプレーしていた。