バルサがフレブとの契約を解除

オリンピアコス移籍が濃厚
バルセロナは、MFアレクサンドル・フレブと契約解除することで合意に至ったことを、クラブ公式サイトで発表している。

フレブは、2012年6月30日までバルサと契約を結んでいた。しかし、同クラブと契約を解除したことで、フリーで移籍することが可能になる。

スペイン『マルカ』によれば、フレブはオリンピアコスに移籍することが濃厚となっているようだ。ヨーロッパリーグで決勝トーナメントに進出している同クラブに、活躍の場を移すことになると見られている。

フレブは2008夏に、バルサに加入した。加入したシーズンこそ公式戦35試合に出場したものの、翌シーズンからジョゼップ・グアルディオラ監督の構想外となり、シュツットガルト、バーミンガム、ヴォルフスブルクなどにレンタル移籍していた。