ニュース ライブスコア

バルサ、苦しみながらもマドリーを葬る

25日のコパ・デル・レイ準々決勝セカンドレグ、カンプ・ノウで行われたバルセロナ対レアル・マドリーのクラシコは2-2のドローで終了し、バルセロナがトータルスコア4-3で上回って準決勝進出を決めている。

バルセロナのグアルディオラ監督は、2-1で勝利したファーストレグと同様のメンバーを起用し、ダニエウ・アウベスの位置によって4バックから3バックに移行できるシステムを採用。ダニエウ・アウベスのほか最終ラインに、プジョール、ピケ、アビダル、中盤にシャビ、ブスケッツ、イニエスタを配置。前線にはセスク、メッシ、アレクシス・サンチェスを据えた。

マドリーのモウリーニョ監督は、踏みつけ行為で物議を醸しているペペをセンターバックとして先発起用。4-2-3-1のシステムで、最終ラインにはペペのほか、アルベロア、セルヒオ・ラモス、コエントランを配置。ラッサナ・ディアラ、シャビ・アロンソの2ボランチの前にエジル、カカー、クリスティアーノ・ロナウドを据え、1トップをイグアインとした。

立ち上がりから攻勢を仕掛けたのはマドリー。1分にD・アウベスのパスミスを拾ったイグアインがゴール右にわずかに外れるシュートを放ち、11分にはエリア内左に侵入したC・ロナウドのシュートでピントを脅かす。ボールを保持するバルセロナのバイタルエリアへの侵入を許さず、小気味よくショートカウンターからの攻撃を繰り返した。26分にはエジルがエリア手前からシュートを打ったが、これはクロスバーに直撃しゴールとはならなかった。

一方のバルセロナは、29分にイニエスタがアルベロアとの接触で負傷し、予期せぬタイミングでペドロを投入する。すると43分に、このペドロが劣勢を跳ね返す先制点を記録。エリア手前までボールを持ち込んだメッシのパスをフリーで受けると、カシージャスが守るゴールを冷静に破った。さらに前半のロスタイムには、左サイド深い位置のフリーキックから、D・アウベスがゴール左隅に強烈なミドルシュートを突き刺して加点した。

対するモウリーニョ監督は、52分にL・ディアラをグラネロを代えて打開を図る。その2分後にはS・ラモスがヘディングでネットを揺らすも、これは直前のD・アウベスへのファウルを取られてノーゴールに。迎えるチャンスを得点につなげられないモウリーニョ監督は、62分にカカー、イグアインをカジェホン、ベンゼマに代える。すると、68分にエジルのスルーパスからC・ロナウド、71分にプジョールのマークを個人技で振り切ったベンゼマと得点し、逆転まで1点に迫った。

一気に差を縮められたグアルディオラ監督は、78分にペペとの接触によって負傷したA・サンチェスに代えてマスチェラーノを投入。マスチェラーノをセンターバックに配置し、プジョールを右サイドバックにスライドさせて守備に注力した。その後のマドリーの攻勢を退け続けると、88分に空中戦でブスケッツにひじ打ちを浴びせたS・ラモスが2枚目のイエローカードで退場となり、数的優位に立つ。これで楽になったバルセロナは、リードを維持したまま終了を迎えた。