モウリーニョ:「私は派閥など作らない」

ペペについては出場の可能性を示唆
レアル・マドリーのジョゼ・モウリーニョ監督が、25日に行われるコパ・デル・レイ準々決勝セカンドレグのバルセロナ戦を前に、恒例の公式記者会見に臨んでいる。

モウリーニョ監督は、スペイン『マルカ』で伝えられたスペイン人選手との確執を否定した。また、本拠地サンチャゴ・ベルナベウでブーイングされたことについては、言及を避けている。

「私は派閥など作らない。その報道に関しては、何も知らない。マドリーでサポートを受けていると感じているし、我々は素晴らしい時期にいる」

「ブーイングについては、ファンに尋ねてほしい。私には分からない。私は4つの異なる国で仕事をしてきたが、そのすべてに違いがある」

また、スペイン『プント・ペロッタ』で報じられたマドリー退団の可能性についても、口を閉ざしている。

「それは、私が言ったことではない。その新聞記者に聞いてくれ」

コパ準々決勝ファーストレグで、マドリーはバルサに1-2で敗戦を喫している。モウリーニョ監督は、セカンドレグに望みを捨てていないと強調し、ファーストレグでラフプレーを行い批判の的となっているDFペペが出場する可能性を示唆した。

「私のチームは、まだ可能性を持っている。ビハインドがある状況を把握して試合に臨む。対戦相手が誰なのかを自覚して臨む。この試合によって、コパ敗退が決まる可能性を含んでいると知りながら試合に臨む。この対戦に、前後は存在しない」

「現在、3人の選手が微妙な状態にある。(エステバン・)グラネロ、(ラッサナ・)ディアラ、ペペだ。この3名は、100%の状態ではない。明日の午前中の練習で見極めるつもりだ」