ペップの後任にビエルサ招へいを検討か

バルサ会長が2012-13シーズンの就任を望む
バルセロナは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の後任監督に、現在アスレチック・ビルバオで指揮を執るマルセロ・ビエルサ監督を招へいすることを検討しているという。

スペイン『アス』によると、バルサのサンドロ・ロセイ会長はグアルディオラ監督がクラブを去ることを考慮して、2012-2013シーズンにビエルサ監督を招くことを視野に入れているという。また同会長は以前、「すべてのサイクルは5年で終わる」と発言しており、監督交代のタイミングを計っているとみられている。

また、イギリス『デイリー・エクスプレス』は、マンチェスター・ユナイテッドがアレックス・ファーガソン監督の後任候補としてグアルディオラ監督に目を付けていると報じている。

グアルディオラ監督は、バルサとの契約をもう1年延長することが濃厚だといわれている。以前から1年毎に契約を更新するスタイルでバルサの指揮官を務めてきた同監督だが、1シーズン後の動向に早くも注目が集まっているようだ。