ビジャレアル、コパ敗退でガリード解任

後任については不明
ビジャレアルは21日、クラブの公式ウェブサイト上で、フアン・カルロス・ガリード監督を解任したことを発表した。

開幕から不振にあるビジャレアルは、チャンピオンズリーグ・グループリーグで全敗に終わっただけでなく、リーガエスパニョーラでも16試合を終えて勝ち点15の17位。降格圏にいるスポルティング・ヒホンと同勝ち点ながら、得失点差で辛うじて残留圏内にいるという低迷ぶりだ。

さらに、ビジャレアルは21日に行われたコパ・デル・レイ4回戦セカンドレグで、格下ミランデスに0-2と敗北。ファーストレグをドローで終えていたため、ビジャレアルは大会から姿を消している。

これを受け、クラブ上層部はガリード解任に踏み切ったようだ。なお、後任については明らかにされていない。