マラガがフッキ獲得を検討か

4000万ユーロを準備?
マラガは1月の移籍市場で、ポルトFWフッキの獲得を考慮しているようだ。スペイン『カデナ・セール』が報じている。

フッキの周辺には、移籍の噂がつきまとう。最近では、インテルが狙っているとの報道があった。

マラガは今夏、リーガエスパニョーラで優勝争いできるチームをつくるために、約6000万ユーロを費やした。現在は7試合を終えて、首位から勝ち点4差の6位という状況だ。

そこで浮上したのが、フッキの獲得話だ。マラガはこの強力なストライカー獲得に、4000万ユーロの準備を進めているという。ただし、フッキの違約金条項は1億ユーロに設定されている。

フッキは今週初め、リーガが気になっていることを示唆しつつ、新たな挑戦の可能性を捨てないとの発言をしていた。