ニュース ライブスコア

L・ディアラはマドリー残留か

スペイン『マルカ』は、MFラッサナ・ディアラがレアル・マドリー残留に近づいていると報じた。

L・ディアラ獲得を狙っていたトッテナムはマドリーとの交渉を合意にこぎ着けていたが、選手が移籍を拒否したという。L・ディアラは年俸450万ユーロを要求していたが、トッテナムに難色を示されために踏みとどまったようだ。

一方、マドリーのジョゼ・モウリーニョ監督は、L・ディアラが残留する場合には戦力に数えると明言していた。このことにより『マルカ』は、L・ディアラが少なくともあと1シーズンはマドリーにとどまる見込みと記している。

L・ディアラは、今夏にMFハミト・アルティントップ、MFヌリ・シャヒンが加わったマドリーで、出場機会の減少を危惧して退団を希望。現在まで個別練習に励んでいた。