バレンシア、V・ルイス&バラガンを獲得

移籍市場閉鎖の1日前にDF2選手を確保
バレンシアは30日、ナポリのU-21スペインDFビクトル・ルイス(22)、バジャドリーのスペイン人DFアントニオ・バラガン(24)の獲得を発表した。

バレンシアは公式HPで、V・ルイスと2016年、バラガンと2015年までの契約を結んだことを伝えている。スペインメディアの報道によれば、バレンシアは移籍金としてナポリに800万ユーロ、バジャドリーに180万ユーロを支払うようだ。

エスパニョールのカンテラ出身であるV・ルイスは、2011年1月にナポリに加入していた。一方のセビージャのカンテラ出身であるバラガンはリヴァプール、デポルティボ、バジャドリーと渡り歩いた。

両者の入団会見は9月1日に行われる予定となっている。