ファルカオ:「4000万ユーロは大きな責任」

マドリッドに到着
19日、ポルトからアトレティコ・マドリーに加入することが決定したFWラダメル・ファルカオが、マドリッドのバラハス空港に到着した。

“ティグレ(スペイン語で虎の意)”という愛称を持つコロンビア代表FWは、待ち受けていた多くの取材陣に対し、アトレティコの選手としてリーガエスパニョーラでプレーできることへの喜びを表した。

「アトレティコは偉大なファンを抱えるビッグクラブで、世界で最も重要なリーグに所属している。ここに来られて幸せだ」

「僕と契約するために大変な努力をしてくれたアトレティコに感謝をしなければならない。満足しているよ。アトレティコのファンは、加入が決まってからすぐに愛情を示してくれた。彼らに喜びを与えられることを期待している」

コロンビア代表のチームメートであるDFルイス・ペレアから、アトレティコについて聞いているようだ。

「ペレアからは巨大な組織と勝者のメンタリティーを持つクラブで、重要な成功を成し遂げることに飢えていると聞いたよ」

「ペレアとともにスペインでプレーできることは誇り高いことだ。それもアトレティコのような世界的なビッグクラブでね。ペレアとともに、コロンビアを代表する選手としての役割を果たしたい」

アトレティコがクラブ史上最高額となる4000万ユーロをポルトに支払うことについて問われると、次のように返答した。

「4000万ユーロという額には大きな責任を感じている。その信頼に応えられるように努めるつもりだ。すべての目標を達成できることを期待している」

ファルカオは20日にメディカルチェックを受け、パスした後に正式に5年契約を交わす。入団会見は22日に開かれる予定だ。