アトレティコ、フォルラン売却の可能性を否定

理事長の発言はねつ造
アトレティコ・マドリーが、FWディエゴ・フォルラン売却の可能性を否定した。

イタリア『fcinter1908.it』は、アトレティコのミゲル・アンヘル・ヒル・マリン理事長の「ポルトからFWラダメル・ファルカオを獲得した場合には、フォルランの売却を検討する」との発言を伝えていた。

しかしスペイン『アス』がアトレティコとコンタクトを取り、ヒル・マリン理事長の発言がねつ造であることを確かめた。インテルからのフォルラン獲得オファーも受け取ってはいないようだ。

現在イタリアでは、FWサミュエル・エトーのアンジ・マハチカラ移籍の可能性が取りざたされるインテルが、その後釜としてフォルランに目をつけたと報じられている。