マラガ、カソルラ獲得を発表

今夏の補強の目玉選手
マラガは26日、ビジャレアルに所属するスペイン代表MFサンティ・カソルラ(26)の獲得を発表した。公式HPで、次のような声明を伝えている。

「マラガとビジャレアルの両クラブは、本日午後にサンティ・カソルラの移籍に関して合意に達しました。スペイン代表MFは、明日にオランダに滞在するチームに合流する予定で、その後に入団会見を行うことになります」

マラガは今夏の補強の目玉選手として、カソルラ獲得に執心していた。スペイン『マルカ』によれば、マラガは2000万ユーロ前後をビジャレアルに支払い、カソルラとは年俸300万ユーロ前後の5年契約を結ぶようだ。

ビジャレアルのカンテラ出身選手であるカソルラは、2003-04シーズンにトップチームデビューを果たし、以降3シーズンでチャンピオンズリーグ2試合を含む公式戦67試合に出場した。

06-07シーズンにはレクレアティボに移籍したが、その1シーズン後に現マラガ指揮官のマヌエル・ペジェグリーニ監督の手により、買い戻しオプションでビジャレアルに復帰。以後、チームの象徴としてプレーしていた。

スペイン代表としてはEURO2008のメンバーに選ばれ、チームの優勝に貢献。同じくチームが優勝した2010年南アフリカ・ワールドカップのメンバーには選出されなかったものの、EURO2012予選にはコンスタントに招集されている。