エジル、マドリーの「10番」に

モウリーニョの期待の表れが背番号に
昨夏レアル・マドリーが補強した選手の中で当たりと評価されているドイツ代表MFメスト・エジルは、新シーズンもチームの主軸としての活躍が期待されている。

エジルには、ジョゼ・モウリーニョ監督も全幅の信頼を寄せている。スペイン『マルカ』によれば新シーズンは背番号が「23」から「10」に変更され、エジルを中心としたチームづくりが進められていくようだ。

昨季マドリーに加入したエジルはリーグ戦36試合に出場し6得点を挙げる活躍を見せ、1年目からチームに馴染み中心選手としてプレーした。