マラガにまた大物 ホアキンが加入へ

今夏6人目の補強は元スペイン代表MF
バレンシアMFホアキン・サンチェス(29)が、マラガへ移籍することで合意に至ったようだ。スペインの各メディアが報じている。

2006年に2500万ユーロでベティスからバレンシアへ加入したホアキン。だが、最近ではその存在感が薄れてきており、以前からマラガ移籍の可能性が報じられていた。報道によると、移籍金は400万ユーロで、ホアキンはマラガと2014年までの契約を結んだようだ。

マラガは今夏、豊富な資金力を武器に積極的な補強を続けている。マラガはすでにディエゴ・ブオナノッテ、ルート・ファン・ニステルローイ、ヨリス・マタイセン、ナチョ・モンレアル、セルヒオ・サンチェス、ジェレミー・トゥラランを獲得しており、ホアキンは6人目の補強となる。