ニュース ライブスコア

インテル、ユーヴェ、スパーズ、アトレティコが獲得を争う

エスパニョールFWパブロ・オスバルドの代理人は、同選手にインテルとユヴェントスからコンタクトがあることを明らかにした。代理人はまた、トッテナムとアトレティコ・マドリーもオスバルドへの関心を失っていないと語っている。

オスバルドの代理人は、イタリア『Calciomercato.it』に、「インテルとユヴェントスが彼を好んでいるというのは事実だ。私のクライアントと2クラブ間でコンタクトがあったことを認める」と語った。

「私のクライアントは、イタリアに戻ることを望んでいる。インテルもユーヴェも偉大なクラブだ。エスパニョールは、2000万ユーロを求めているが、1500万ユーロか1600万ユーロで取引をまとめられると思う」

「ただ、イタリア以外でも、アトレティコ、トッテナムが彼を好んでいる。しかし彼は今、休暇中だから、移籍について話すのは早すぎるね」