マドリー、パストーレに関心なし

ブロンゼッティ氏:「彼のポジションにはカカー、エジルがいる」
移籍コンサルタントのエルネスト・ブロンゼッティ氏は、レアル・マドリーはパレルモMFハビエル・パストーレに関心を抱いていないと主張した。

「彼がレアル・マドリーのレーダーに入ったことはない。彼のポジションには、ワールドクラスのカカー、メスト・エジルがいる」とブロンゼッティ氏は、イタリア『Stadionews.it』に語ったと伝えられている。

「それに今日の移籍市場で、若い選手の獲得に5000万ユーロを支払うクラブはない」

パストーレにはマドリーのほかに、ローマからの関心も伝えられている。同選手は自身の将来について、「パレルモでプレーすることは僕のキャリアのために重要だった。これからもうまくやり続けることを望んでいる。将来のことは、コッパ・アメリカの後にどうなるか見るよ」とイタリア『Forzaroma.info』に語っている。