G・ロッシ代理人:「選手の第1希望はバルサ移籍」

交渉が本格化していないことも強調
ビジャレアルFWジュゼッペ・ロッシの代理人を務めるフェデリコ・パストレッロ氏は、噂されるバルセロナ移籍が、同選手の第1希望であるとの見解を示した。イタリア『プレミアム・カルチョ』が伝えた。

「ロッシの第1希望? 現在、バルサのユニフォームを着ることはすべての選手たちの夢であると思う。彼らは現在のサッカー界の勝者でありながら、スペクタクルなサッカーも披露している。ただ、バルサが唯一の移籍先候補ではない」

また、バルセロナとの交渉が本格化していないことを強調した。

「まだ始まったばかりだ。バルサが選手に興味を持っていることを示しただけなんだよ。さまざまなことが報じられているが、具体的な話は少ししかない」

最後に、ビジャレアルがG・ロッシ退団を覚悟しているとの考えを述べた。

「ビジャレアルは来季のクラブ広告にロッシを含めていない。それはイタリア代表に招集されていたからか、2011-12シーズンにチームにいないと腹をくくっているからだろうね」