エスパニョール、オスワルド売却の具体額提示か

国内・プレミア複数クラブに対し、先手を打つ
エスパニョールFWパブロ・オスワルドには、すでに複数クラブからの関心が寄せられていると伝えられる。エスパニョールは、同選手の移籍金の具体額を提示し、獲得に興味を持つクラブに先手を打ちたいと考えているようだ。

オスバルドは、今季24試合に出場し、13得点をマークしている。今季ヨーロッパリーグ出場権争いを最後まで演じたチームを、けん引する活躍を見せた。同選手に、セビージャやアトレティコ・マドリーなどのスペイン国内のクラブをはじめ、トッテナムやエヴァートンなどプレミアリーグの複数クラブからもオファーが届いているという。

エスパニョールは、同選手売却の具体額を提示したようだ。移籍金の最低額は、1800万ユーロと推定される。現行契約では3000万ユーロに設定されている同選手の移籍金だが、同クラブは移籍金を引き下げて交渉に応じる構えのようだ。

すでにMFホセ・カジェホンをレアル・マドリーに譲渡したエスパニョール。主力選手の大量放出は避けたいところだが、資金潤沢なクラブではないだけに、オスワルドに高値がつくのであれば、売却も検討すると見られている。