マドリー、コエントラン獲得でついに合意か

4人目の新戦力獲得が目前に
スペイン『マルカ』は、レアル・マドリーが移籍金2200万ユーロで、ベンフィカに所属するポルトガル代表DFファビオ・コエントラン獲得が目前に迫っていると報じている。

マドリーとベンフィカは、数日前より交渉を行っており、合意にはまだ時間がかかると見られていた。しかし現在は、両クラブが選手の評価額で合意に達したと伝えられている。

ベンフィカは当初、コエントランの評価額を3000万ユーロとしていた。しかしマドリーの2200万ユーロのオファーが受け入れられた模様だ。この金額は、新シーズンのマドリーの結果次第で、2700万ユーロまで上がる可能性があるとのこと。

コエントラン本人はまだマドリーと合意に達していないが、選手はすでにマドリー移籍を望んでいると繰り返していた。コエントランが、MFヌリ・シャヒン、ハミト・アルティントップ、FWホゼ・カジェホンに続く、マドリー今夏4人目の新戦力となるのだろうか。