キケ、確執が取りざたされるフォルランを招集外に

カルデロン最後の試合となる可能性もあったが…
15日にリーガエスパニョーラ第37節、本拠地ビセンテ・カルデロンでのエルクレス戦に臨むアトレティコ・マドリーだが、同チームを率いるキケ・サンチェス・フローレス監督は、確執が取りざたされるFWディエゴ・フォルランを招集しなかった。

前節ラシン戦後にフォルランと言い争ったとされるキケ監督だが、エルクレス戦前日会見では「フォルランとのことは異例のように扱われているが、誇張され過ぎている」と話していた。しかし最終的にはフォルランを招集リストに含めず、代わりにBチームのFWボルハ・ゴンサレスを抜擢した。

アトレティコ退団が噂されるフォルランにとって、エルクレス戦はカルデロンでの最後の試合ともされていた。