モウリーニョ:「最終的にポルトガル代表監督に就きたい」

マドリーの指揮官が、タイトル獲得を誓う
スペイン『Veo7』の取材を受けたレアル・マドリーのジョゼ・モウリーニョ監督は、クラブにおける自身の役割と今後のビジョンを番組内で語った。

「競争意識を持って取り組むことが重要なことだ。対戦相手や大会に関係なく各選手、スタッフがしっかりとそれぞれの働きをすることも大事だ。我々には最良の結果を出すために最大限の努力を尽くす義務がある」

「選手は私の家族であり、彼らを守る責任が私にはある。家族の長として、チームの秩序を保ち、規律を守るように教えることが私の役目だ」

「できる限り長くマドリーで指揮を執り、多くのタイトルをクラブにもたらしたい。その後はイングランドに戻り、最終的にはポルトガル代表監督に就きたいと考えている」