ゾコラ&ロマリッチ、バルサ戦前夜にホテル抜け出し罰金

それぞれ3万ユーロの罰金
セビージャMFディディエ・ゾコラ、MFロマリッチが10月30日のリーガエスパニョーラ第9節、アウェーでのバルセロナ戦(0-5)の前夜にホテルから抜け出したことにより、それぞれ300ユーロの罰金を科された。スペイン『マルカ』が報じた。

セビージャのグレゴリオ・マンサーノ監督は、ホテルの監視カメラをチェックした後にゾコラとロマリッチに対して、なぜホテルを抜け出したか説明を求めた。同監督は罪を問わなかったものの、ホセ・マリア・デル・ニド会長が両選手に罰金を科すことを決定したようだ。

なおバルセロナ戦で、ゾコラは後半から出場し、ロマリッチは90分間プレーしている。