アフェライのバルサ移籍が合意

PSVが正式発表
PSVは15日、オランダ代表MFイブラヒム・アフェライ(24)の移籍に関して、バルセロナと合意に至ったと発表した。アフェライは来年1月からバルセロナの選手となる。

まだ両クラブの交渉は細部まで詰められていないものの、アフェライがバルセロナ移籍を熱望しており、残る交渉内容が障害になる可能性が低いことから、クラブ間合意の発表が先行してなされた模様だ。

オランダのメディアによると、バルセロナはPSVに移籍金として300万ユーロを支払うことになる。また、バルセロナとアフェライは4年半の契約を結ぶ見込みのようだ。

PSVは公式サイトで、アフェライにとってバルセロナ移籍は「夢」であったと記している。アフェライはPSVからバルセロナに加入する7人目の選手となる。