「カンプ・ノウはモウリーニョを“歓迎”するだろう」

アフェライ獲得についても言及
11月29日の月曜日にレアル・マドリーをホームに迎えるバルセロナ。同クラブのサンドロ・ロセル会長は、試合が行われるカンプ・ノウ・スタジアムがジョゼ・モウリーニョ監督にふさわしい歓迎をするだろうと主張している。

ロセル会長のコメントをスペイン『マルカ』が伝えた。

「スタジアムのファンは、彼に値する受け入れ方をするだろう」

ロセル会長はまた、獲得に動いているMFイブラヒム・アフェライについて、「我々は新戦力を見ている。モニタリングのポリシーがトップチームに影響を及ぼすことはない」とコメントした。