ラポルタがピケの素行を調査していたことが発覚

ロナウジーニョ、エトー、デコも…
スペイン『インテルビウ』は、ジョアン・ラポルタ前会長が率いていたバルセロナが、調査会社のメトド・トレス社に依頼してDFジェラール・ピケの素行を調べていたと報じた。

バルセロナは2007-08シーズンに、当時マンチェスター・ユナイテッドに在籍していたピケの素行に問題がないかを、メトド・トレス社に5000ユーロを支払って調べていた。

ピケの調査は、24時間体制で1週間にわたって行われ、バルセロナはメトド・トレス社から素行に問題はなかっという報告を受けたことにより、2008年夏の移籍市場で獲得を実現させたようだ。

『インテルビウ』はさらに、当時バルセロナのメンバーだったミランFWロナウジーニョ、インテルFWサミュエル・エトー、フルミネンセMFデコも、チームの規律外の行動を取っていないか調査されていたと伝えている。

なお、ラポルタ前会長が率いていたバルセロナ前役員会は、黒字虚偽報告および経費の不正使用によって、現役員会から提訴されることが決定している。