ゼコ代理人、マドリー移籍に前向き

「マドリーは世界最高のクラブ」
21日、スペイン『マルカ』はレアル・マドリーのジョゼ・モウリーニョ監督が、ヴォルフスブルクFWエディン・ゼコの獲得をクラブに要請したと報じた。そして翌日、同紙はゼコの代理人のコメントを掲載している。

ゼコの代理人は、マドリー移籍を前向きに捉えているようだ。

「レアル・マドリーに行かないと断言できる選手と会ったことがない。もしマドリーが興味を持っているとしたら、その機会を逃す手はない。マドリーは歴史があり、多くの獲得タイトルとポテンシャルを持つクラブだ。世界最高のクラブなんだよ」

なお、マドリーはMFラファエル・ファン・デル・ファールトをトレード要員とすることで、ゼコの4000万ユーロ近い移籍金の引き下げを狙っているとされる。