M・バストス獲得に向かうマドリー

ドレンテ+1200万ユーロを提示か
リヨンに所属するブラジル代表DFミシェウ・バストスが、レアル・マドリーのターゲットになっている。フランス『レキップ』によるとマドリーは、移籍金1200万ユーロにMFロイステン・ドレンテをオファーするつもりだという。

マドリーのジョゼ・モウリーニョ監督は、左サイドを広くカバーできるプレーヤーを求めていると伝えられている。M・バストスは中盤でも最終ラインでもプレーすることができることをすでに証明している。

リヨンはM・バストスがチームの重要なプレーヤーであり、選手放出する意向はないと明らかにしている。だが、マドリーの関心を抑えることは難しいだろう。

なおM・バストスは現在負傷離脱中で、移籍市場が閉まる前にマドリーへの移籍が決まったとしても、同選手は9月までプレーすることはできない。